万葉集 第13巻 3301番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3301番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3301番歌

第13巻
歌番号 3301番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 神風之 伊勢<乃>海之 朝奈伎尓 来依深海松 暮奈藝尓 来因俣海松 深海松乃 深目師吾乎 俣海松乃 復去反 都麻等不言登可聞 思保世流君
訓読 神風の 伊勢の海の 朝なぎに 来寄る深海松 夕なぎに 来寄る俣海松 深海松の 深めし我れを 俣海松の また行き帰り 妻と言はじとかも 思ほせる君
かな かむかぜの いせのうみの あさなぎに きよるふかみる ゆふなぎに きよるまたみる ふかみるの ふかめしわれを またみるの またゆきかへり つまといはじとかも おもほせるきみ
英語(ローマ字) KAMUKAZENO ISENOUMINO ASANAGINI KIYORUFUKAMIRU YUFUNAGINI KIYORUMATAMIRU FUKAMIRUNO FUKAMESHIWAREWO MATAMIRUNO MATAYUKIKAHERI TSUMATOIHAJITOKAMO OMOHOSERUKIMI
神風吹く伊勢の海の朝なぎどきに寄ってくる深海松(ふかみる)、夕なぎどきに寄ってくる俣海松(またみる)、そんな海松のように、深く恋い焦がれ、離れてもまた舞い戻ってきた私だのに、妻とは呼ばないと思っておいでなのですか、あなたは。
左注 右一首
校異 [元][天][類]
用語 三重県、枕詞、女歌、民謡、植物、怨恨
タイトルとURLをコピーしました