万葉集 第13巻 3310番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3310番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3310番歌

第13巻
歌番号 3310番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 隠口乃 泊瀬乃國尓 左結婚丹 吾来者 棚雲利 雪者零来 左雲理 雨者落来 野鳥 雉動 家鳥 可鶏毛鳴 左夜者明 此夜者昶奴 入而<且>将眠 此戸開為
訓読 隠口の 泊瀬の国に さよばひに 我が来れば たな曇り 雪は降り来 さ曇り 雨は降り来 野つ鳥 雉は響む 家つ鳥 鶏も鳴く さ夜は明け この夜は明けぬ 入りてかつ寝む この戸開かせ
かな こもりくの はつせのくにに さよばひに わがきたれば たなぐもり ゆきはふりく さぐもり あめはふりく のつとり きぎしはとよむ いへつとり かけもなく さよはあけ このよはあけぬ いりてかつねむ このとひらかせ
英語(ローマ字) KOMORIKUNO HATSUSENOKUNINI SAYOBAHINI WAGAKITAREBA TANAGUMORI YUKIHAFURIKU SAGUMORI AMEHAFURIKU NOTSUTORI KIGISHIHATOYOMU IHETSUTORI KAKEMONAKU SAYOHAAKE KONOYOHAAKENU IRITEKATSUNEMU KONOTOHIRAKASE
泊瀬の国に結婚相手を求めてやってきたところ、一面にかき曇り。雪が降ってきた。おまけに雨も降ってきた。野の鳥の雉は鳴き立て、家鳥のニワトリもけたたましく鳴き立てる。夜は白み始め、この夜はすっかり明けてきた。中に入って寝たいものだ、さあ、この戸を開けて下され。
左注 (右四首)
校異 [元][天][類]
用語 奈良、枕詞、動物、求婚、妻問い
タイトルとURLをコピーしました