万葉集 第13巻 3311番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3311番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3311番歌

第13巻
歌番号 3311番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 隠来乃 泊瀬小國丹 妻有者 石者履友 猶来々
訓読 隠口の泊瀬小国に妻しあれば石は踏めどもなほし来にけり
かな こもりくの はつせをぐにに つましあれば いしはふめども なほしきにけり
英語(ローマ字) KOMORIKUNO HATSUSEWOGUNINI TSUMASHIAREBA ISHIHAFUMEDOMO NAHOSHIKINIKERI
泊瀬の国に妻にしたい女性がいるので、石ころ道であるが、なおやってきました。
左注 (右四首)
校異
用語 ?、奈良、榛原、枕詞
タイトルとURLをコピーしました