万葉集 第13巻 3295番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3295番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3295番歌

第13巻
歌番号 3295番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 打久津 三宅乃原従 常土 足迹貫 夏草乎 腰尓魚積 如何有哉 人子故曽 通簀<文>吾子 諾々名 母者不知 諾々名 父者不知 蜷腸 香黒髪丹 真木綿持 阿邪左結垂 日本之 黄<楊>乃小櫛乎 抑刺 <卜>細子 彼曽吾つ
訓読 うちひさつ 三宅の原ゆ 直土に 足踏み貫き 夏草を 腰になづみ いかなるや 人の子ゆゑぞ 通はすも我子 うべなうべな 母は知らじ うべなうべな 父は知らじ 蜷の腸 か黒き髪に 真木綿もち あざさ結ひ垂れ 大和の 黄楊の小櫛を 押へ刺す うらぐはし子 それぞ我が妻
かな うちひさつ みやけのはらゆ ひたつちに あしふみぬき なつくさを こしになづみ いかなるや ひとのこゆゑぞ かよはすもあこ うべなうべな はははしらじ うべなうべな ちちはしらじ みなのわた かぐろきかみに まゆふもち あざさゆひたれ やまとの つげのをぐしを おさへさす うらぐはしこ それぞわがつま
英語(ローマ字) UCHIHISATSU MIYAKENOHARAYU HITATSUCHINI ASHIFUMINUKI NATSUKUSAWO KOSHININADUMI IKANARUYA HITONOKOYUゑZO KAYOHASUMOAKO UBENAUBENA HAHAHASHIRAJI UBENAUBENA CHICHIHASHIRAJI MINANOWATA KAGUROKIKAMINI MAYUFUMOCHI AZASAYUHITARE YAMATONO TSUGENOWOGUSHIWO OSAHESASU URAGUHASHIKO SOREZOWAGATSUMA
三宅の原から裸足で直接地面を踏んで踏み貫き、夏草の間を難儀しながらやってくるのは、どこの娘に逢おうと思って通ってくるのかいお前。ごもっともごもっとも、母さんは知らないだろうし、ごもっともごもっとも、父さんも知らないでしょうが、黒髪に、木綿の紐でアザサを結んで垂らし、大和の黄楊の小櫛を刺して押さえた、霊妙な子、それが私の妻なのです。
左注 (右二首)
校異 當 / 父 文 [元][天][類] / 揚 楊 [天][類] / 々 卜 [新校]
用語 奈良、田原本、問答、親子、歌垣、民謡
タイトルとURLをコピーしました