万葉集 第13巻 3226番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3226番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3226番歌

第13巻
歌番号 3226番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 沙邪礼浪 浮而流 長谷河 可依礒之 無蚊不怜也
訓読 さざれ波浮きて流るる泊瀬川寄るべき礒のなきが寂しさ
かな さざれなみ うきてながるる はつせがは よるべきいその なきがさぶしさ
英語(ローマ字) SAZARENAMI UKITENAGARURU HATSUSEGAHA YORUBEKIISONO NAKIGASABUSHISA
さざ波が流れる静かな泊瀬川。なのに舟が寄るべき磯がない。惜しいことだ。
左注 右二首
校異
用語 桜井、土地讃美、寿歌
タイトルとURLをコピーしました