万葉集 第13巻 3343番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3343番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3343番歌

第13巻
歌番号 3343番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 <b>浪 来依濱丹 津煎裳無 偃為<公>賀 家道不知裳
訓読 浦波の来寄する浜につれもなくこやせる君が家道知らずも
かな うらなみの きよするはまに つれもなく ふしたるきみが いへぢしらずも
英語(ローマ字) URANAMINO KIYOSURUHAMANI TSUREMONAKU FUSHITARUKIMIGA IHEDISHIRAZUMO
浜辺に打ち寄せる浦波。その浜に何のゆかりもないのに横たわっているお人。きっと家路が分からないのでしょう。
左注 右九首
校異 [元][紀] / 君 公 [元][天][類]
用語 炭?、或本歌、異伝、羈旅、調使首
タイトルとURLをコピーしました