万葉集 第13巻 3291番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3291番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3291番歌

第13巻
歌番号 3291番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 三芳野之 真木立山尓 青生 山菅之根乃 慇懃 吾念君者 天皇之 遣之万々 [或本云 王 命恐] 夷離 國治尓登 [或本云 天踈 夷治尓等] 群鳥之 朝立行者 後有 我可将戀奈 客有者 君可将思 言牟為便 将為須便不知 [或書有 足日木 山之木末尓 句也] 延津田乃 歸之 [或本無歸之句也] 別之數 惜物可聞
訓読 み吉野の 真木立つ山に 青く生ふる 山菅の根の ねもころに 我が思ふ君は 大君の 任けのまにまに [或本云 大君の 命かしこみ] 鄙離る 国治めにと [或本云 天離る 鄙治めにと] 群鳥の 朝立ち去なば 後れたる 我れか恋ひむな 旅ならば 君か偲はむ 言はむすべ 為むすべ知らに [或書有 あしひきの 山の木末に 句也] 延ふ蔦の 行きの [或本無歸之句也] 別れのあまた 惜しきものかも
かな みよしのの まきたつやまに あをくおふる やますがのねの ねもころに あがおもふきみは おほきみの まけのまにまに [おほきみの みことかしこみ] ひなざかる くにをさめにと [あまざかる ひなをさめにと] むらとりの あさだちいなば おくれたる あれかこひむな たびならば きみかしのはむ いはむすべ せむすべしらに [あしひきの やまのこぬれに] はふつたの ゆきの わかれのあまた をしきものかも
英語(ローマ字) MIYOSHINONO MAKITATSUYAMANI AWOKUOFURU YAMASUGANONENO NEMOKORONI AGAOMOFUKIMIHA OHOKIMINO MAKENOMANIMANI [OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI] HINAZAKARU KUNIWOSAMENITO [AMAZAKARU HINAWOSAMENITO] MURATORINO ASADACHIINABA OKURETARU AREKAKOHIMUNA TABINARABA KIMIKASHINOHAMU IHAMUSUBE SEMUSUBESHIRANI [ASHIHIKINO YAMANOKONURENI] HAFUTSUTANO YUKINO WAKARENOAMATA WOSHIKIMONOKAMO
み吉野の立派な木々が立つ山に青々と生える山菅(やますが)の根のように、ねんごろに私がお慕いしているわが君は、大君(天皇)の赴任せよとの、み言葉のままに(或本には、大君のご命令を慎んでお受けし、とある)遠く離れた国を治めんと(或本には、遠く離れた田舎の地を治めんと、とある)、群鳥のように朝出発してしまった。後に残された私はどんなに恋い焦がれることだろう。旅にあるあなたも私を偲んでくれるだろうか。言いようもなく、なすすべも知りません(或書には、あしひきの山の梢に、とある)。這う蔦(つた)が行き(或本には行きの句なし)別れるようでひどく惜しくてなりません。
左注 (右二首)
校異
用語 枕詞、赴任、恋情、大君、地名、奈良、吉野
タイトルとURLをコピーしました