万葉集 第13巻 3292番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3292番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3292番歌

第13巻
歌番号 3292番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 打蝉之 命乎長 有社等 留吾者 五十羽旱将待
訓読 うつせみの命を長くありこそと留まれる我れは斎ひて待たむ
かな うつせみの いのちをながく ありこそと とまれるわれは いはひてまたむ
英語(ローマ字) UTSUSEMINO INOCHIWONAGAKU ARIKOSOTO TOMARERUWAREHA IHAHITEMATAMU
この世の命が(あなたがお帰りになるまで)長くあって欲しいと念じ、後に残された私はひたすらお祈りしてお待ちします。
左注 右二首
校異
用語
タイトルとURLをコピーしました