万葉集 第13巻 3307番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3307番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3307番歌

第13巻
歌番号 3307番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 然有社 <年>乃八歳S 鑚髪乃 吾同子S過 橘 末枝乎過而 此河能 下<文>長 汝情待
訓読 しかれこそ 年の八年を 切り髪の よち子を過ぎ 橘の ほつ枝を過ぎて この川の 下にも長く 汝が心待て
かな しかれこそ としのやとせを きりかみの よちこをすぎ たちばなの ほつえをすぎて このかはの したにもながく ながこころまて
英語(ローマ字) SHIKAREKOSO TOSHINOYATOSEWO KIRIKAMINO YOCHIKOWOSUGI TACHIBANANO HOTSUEWOSUGITE KONOKAHANO SHITANIMONAGAKU NAGAKOKOROMATE
だからこそ私は八年もの間、おかっぱ髪の少女時代を過ごし、橘が上枝に実をつけるまで、じっと川底にいてあなたの心が動くのを待っていました。
左注 (右五首)
校異 [元][天][類] / 父 文 [元][天][紀]
用語 序詞
タイトルとURLをコピーしました