万葉集 第13巻 3265番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3265番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3265番歌

第13巻
歌番号 3265番歌
作者 作者不詳
題詞 或書反歌曰
原文 世間乎 倦迹思而 家出為 吾哉難二加 還而将成
訓読 世の中を憂しと思ひて家出せし我れや何にか還りてならむ
かな よのなかを うしとおもひて いへでせし われやなににか かへりてならむ
英語(ローマ字) YONONAKAWO USHITOOMOHITE IHEDESESHI WAREYANANINIKA KAHERITENARAMU
世の中をうっとうしいと思って家出したこの自分、今さら戻って何になろうというのか。
左注 右三首
校異
用語
タイトルとURLをコピーしました