万葉集 第13巻 3266番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3266番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3266番歌

第13巻
歌番号3266番歌
作者作者不詳
題詞
原文春去者 花咲乎呼里 秋付者 丹之穂尓黄色 味酒乎 神名火山之 帶丹為留 明日香之河乃 速瀬尓 生玉藻之 打靡 情者因而 朝露之 消者可消 戀久毛 知久毛相 隠都麻鴨
訓読春されば 花咲ををり 秋づけば 丹のほにもみつ 味酒を 神奈備山の 帯にせる 明日香の川の 早き瀬に 生ふる玉藻の うち靡き 心は寄りて 朝露の 消なば消ぬべく 恋ひしくも しるくも逢へる 隠り妻かも
かなはるされば はなさきををり あきづけば にのほにもみつ うまさけを かむなびやまの おびにせる あすかのかはの はやきせに おふるたまもの うちなびき こころはよりて あさつゆの けなばけぬべく こひしくも しるくもあへる こもりづまかも
英語(ローマ字)HARUSAREBA HANASAKIWOWORI AKIDUKEBA NINOHONIMOMITSU UMASAKEWO KAMUNABIYAMANO OBINISERU ASUKANOKAHANO HAYAKISENI OFURUTAMAMONO UCHINABIKI KOKOROHAYORITE ASATSUYUNO KENABAKENUBEKU KOHISHIKUMO SHIRUKUMOAHERU KOMORIDUMAKAMO
春がやってくると枝もたわわに花が咲き乱れ、秋になると鮮やかに黄葉する神奈備山。その神奈備山(かむなびやま)が帯にしている明日香川の早瀬に生える玉藻(水草)が揺れて靡くように、心が靡いて朝露のように消え入らんばかりになりながら恋した甲斐があって、やっと逢えたよ。私の隠し妻に。
左注(右二首)
校異
用語明日香、奈良、枕詞、序詞
タイトルとURLをコピーしました