万葉集 第13巻 3221番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3221番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3221番歌

第13巻
歌番号 3221番歌
作者 作者不詳
題詞 雜歌
原文 冬<木>成 春去来者 朝尓波 白露置 夕尓波 霞多奈妣久 汗瑞能振 樹奴礼我之多尓 鴬鳴母
訓読 冬こもり 春さり来れば 朝には 白露置き 夕には 霞たなびく 汗瑞能振 木末が下に 鴬鳴くも
かな ふゆこもり はるさりくれば あしたには しらつゆおき ゆふへには かすみたなびく **** こぬれがしたに うぐひすなくも
英語(ローマ字) FUYUKOMORI HARUSARIKUREBA ASHITANIHA SHIRATSUYUOKI YUFUHENIHA KASUMITANABIKU **** KONUREGASHITANI UGUHISUNAKUMO
冬が去って春がやって来ると、朝方は白露が降り、夕方には霞がたなびく。風が吹いて枝先が揺れると、そこに鶯がいて鳴く。
左注 右一首
校異 不 木 [元][天][類]
用語 国見歌、春
タイトルとURLをコピーしました