万葉集 第13巻 3222番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3222番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3222番歌

第13巻
歌番号 3222番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 三諸者 人之守山 本邊者 馬酔木花開 末邊方 椿花開 浦妙 山曽 泣兒守山
訓読 みもろは 人の守る山 本辺は 馬酔木花咲き 末辺は 椿花咲く うらぐはし 山ぞ 泣く子守る山
かな みもろは ひとのもるやま もとへは あしびはなさき すゑへは つばきはなさく うらぐはし やまぞ なくこもるやま
英語(ローマ字) MIMOROHA HITONOMORUYAMA MOTOHEHA ASHIBIHANASAKI SUゑHEHA TSUBAKIHANASAKU URAGUHASHI YAMAZO NAKUKOMORUYAMA
三諸の山は人が大切にする神の山。麓には馬酔木(あせび)が咲き、高地には椿が咲く。まこと霊妙な山よ。泣く子をやさしく見守る山よ。
左注 右一首
校異
用語 ?、神山、三輪山、明日香、地名
タイトルとURLをコピーしました