万葉集 第13巻 3245番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3245番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3245番歌

第13巻
歌番号 3245番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 天橋<文> 長雲鴨 高山<文> 高雲鴨 月夜見乃 持有越水 伊取来而 公奉而 越得之<旱>物
訓読 天橋も 長くもがも 高山も 高くもがも 月夜見の 持てるをち水 い取り来て 君に奉りて をち得てしかも
かな あまはしも ながくもがも たかやまも たかくもがも つくよみの もてるをちみづ いとりきて きみにまつりて をちえてしかも
英語(ローマ字) AMAHASHIMO NAGAKUMOGAMO TAKAYAMAMO TAKAKUMOGAMO TSUKUYOMINO MOTERUWOCHIMIDU ITORIKITE KIMINIMATSURITE WOCHIETESHIKAMO
天へと通じる橋がより長く、高い山もより高くあったらいいのに。月読みの神様がお持ちの若返りの水をいただいてきて、君に奉り、若返っていただくのに。
左注 (右二首)
校異 [西(訂正)][元][天][紀] / 父 文 [西(訂正)][元][天][紀] / 早 旱 [元]
用語
タイトルとURLをコピーしました