万葉集 第13巻 3227番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3227番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3227番歌

第13巻
歌番号 3227番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 葦原笶 水穂之國丹 手向為跡 天降座兼 五百万 千万神之 神代従 云續来在 甘南備乃 三諸山者 春去者 春霞立 秋徃者 紅丹穂經 <甘>甞備乃 三諸乃神之 帶為 明日香之河之 水尾速 生多米難 石枕 蘿生左右二 新夜乃 好去通牟 事計 夢尓令見社 劔刀 齊祭 神二師座者
訓読 葦原の 瑞穂の国に 手向けすと 天降りましけむ 五百万 千万神の 神代より 言ひ継ぎ来る 神なびの みもろの山は 春されば 春霞立つ 秋行けば 紅にほふ 神なびの みもろの神の 帯ばせる 明日香の川の 水脈早み 生しためかたき 石枕 苔生すまでに 新夜の 幸く通はむ 事計り 夢に見せこそ 剣太刀 斎ひ祭れる 神にしませば
かな あしはらの みづほのくにに たむけすと あもりましけむ いほよろづ ちよろづかみの かむよより いひつぎきたる かむなびの みもろのやまは はるされば はるかすみたつ あきゆけば くれなゐにほふ かむなびの みもろのかみの おばせる あすかのかはの みをはやみ むしためかたき いしまくら こけむすまでに あらたよの さきくかよはむ ことはかり いめにみせこそ つるぎたち いはひまつれる かみにしませば
英語(ローマ字) ASHIHARANO MIDUHONOKUNINI TAMUKESUTO AMORIMASHIKEMU IHOYORODU CHIYORODUKAMINO KAMUYOYORI IHITSUGIKITARU KAMUNABINO MIMORONOYAMAHA HARUSAREBA HARUKASUMITATSU AKIYUKEBA KURENAゐNIHOFU KAMUNABINO MIMORONOKAMINO OBASERU ASUKANOKAHANO MIWOHAYAMI MUSHITAMEKATAKI ISHIMAKURA KOKEMUSUMADENI ARATAYONO SAKIKUKAYOHAMU KOTOHAKARI IMENIMISEKOSO TSURUGITACHI IHAHIMATSURERU KAMINISHIMASEBA
この瑞穂の国に天降っていらっしゃった無数の神々の、その神代の時代から、手向けなさいと語り継いできた三諸(みもろ)の山は、春になると霞が立ち、秋になると紅(くれない)に染まる。その神々しいみもろの神が帯としていらっしゃる明日香川。明日香川の水流が早く、岩に苔が付いて成長しがたく、苔むすまでに毎夜毎夜を迎えなければならない。願いが成就するのを願って通(かよ)ってまいります。その次第を夢にお示し下さい。あなた様はこのお山に祭られている神でいらっしゃるのですから。
左注 (右三首 但或書此短歌一首無有載之也)
校異 [西(訂正)][天][紀][細]
用語 明日香、奈良、寿歌、神祭り、賀歌、新婚、永遠、婚礼
タイトルとURLをコピーしました