万葉集 第13巻 3296番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3296番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3296番歌

第13巻
歌番号 3296番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 父母尓 不令知子故 三宅道乃 夏野草乎 菜積来鴨
訓読 父母に知らせぬ子ゆゑ三宅道の夏野の草をなづみ来るかも
かな ちちははに しらせぬこゆゑ みやけぢの なつののくさを なづみけるかも
英語(ローマ字) CHICHIHAHANI SHIRASENUKOYUゑ MIYAKEDINO NATSUNONOKUSAWO NADUMIKERUKAMO
父母に知らせてない子なので、三宅の道の夏野の草の中を難儀してやって来るのです。
左注 右二首
校異
用語 地名、奈良、田原本、難渋、恋愛
タイトルとURLをコピーしました