万葉集 第13巻 3261番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3261番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3261番歌

第13巻
歌番号 3261番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 思遣 為便乃田付毛 今者無 於君不相而 <年>之歴去者
訓読 思ひ遣るすべのたづきも今はなし君に逢はずて年の経ぬれば
かな おもひやる すべのたづきも いまはなし きみにあはずて としのへぬれば
英語(ローマ字) OMOHIYARU SUBENOTADUKIMO IMAHANASHI KIMINIAHAZUTE TOSHINOHENUREBA
思いを晴らす手段のとっかかりも今はない。あの方に逢わないまま年が過ぎてゆく。
左注 今案 此反歌謂之於君不相者於理不合也 宣言於妹不相也 / (右三首)
校異 [西(訂正)][元][天][紀]
用語

第13巻 3261S1番歌(異伝歌1)

題詞 (反歌)今案 此反歌謂之於君不相者於理不合也
原文 妹不相
訓読 妹に会わず
かな いもにあはず
英語(ローマ字) IMONIAHAZU
愛しいあなたに会えずに。
左注 宣言於也 /(右三首)
校異
用語 編纂者
タイトルとURLをコピーしました