万葉集 第13巻 3262番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3262番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3262番歌

第13巻
歌番号 3262番歌
作者 作者不詳
題詞 或本反歌曰
原文 ゐ垣 久時従 戀為者 吾帶緩 朝夕毎
訓読 瑞垣の久しき時ゆ恋すれば我が帯緩ふ朝宵ごとに
かな みづかきの ひさしきときゆ こひすれば わがおびゆるふ あさよひごとに
英語(ローマ字) MIDUKAKINO HISASHIKITOKIYU KOHISUREBA WAGAOBIYURUFU ASAYOHIGOTONI
瑞垣(みづがき)内に囲まれた神社のように、ずっと以前から恋い焦がれているので、身が痩せ細るばかり。朝夕ごとに帯がゆるくなっていく。
左注 右三首
校異
用語 恋情、遊仙窟、中国文学
タイトルとURLをコピーしました