万葉集 第13巻 3309番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3309番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3309番歌

第13巻
歌番号 3309番歌
作者 柿本人麻呂(柿本人麻呂歌集)
題詞 柿本朝臣人麻呂之集歌
原文 物不念 路行去裳 青山乎 振酒見者 都追慈花 尓太遥越賣 作樂花 佐可遥越賣 汝乎叙母 吾尓依云 吾乎叙物 汝尓依云 汝者如何念也 念社 歳八<年>乎 斬髪 与知子乎過 橘之 末枝乎須具里 此川之 下母長久 汝心待
訓読 物思はず 道行く行くも 青山を 振り放け見れば つつじ花 にほえ娘子 桜花 栄え娘子 汝れをぞも 我れに寄すといふ 我れをぞも 汝れに寄すといふ 汝はいかに思ふや 思へこそ 年の八年を 切り髪の よち子を過ぎ 橘の ほつ枝をすぐり この川の 下にも長く 汝が心待て
かな ものもはず みちゆくゆくも あをやまを ふりさけみれば つつじばな にほえをとめ さくらばな さかえをとめ なれをぞも われによすといふ われをぞも なれによすといふ なはいかにおもふや おもへこそ としのやとせを きりかみの よちこをすぎ たちばなの ほつえをすぐり このかはの したにもながく ながこころまて
英語(ローマ字) MONOMOHAZU MICHIYUKUYUKUMO AWOYAMAWO FURISAKEMIREBA TSUTSUJIBANA NIHOEWOTOME SAKURABANA SAKAEWOTOME NAREWOZOMO WARENIYOSUTOIFU WAREWOZOMO NARENIYOSUTOIFU NAHAIKANIOMOFUYA OMOHEKOSO TOSHINOYATOSEWO KIRIKAMINO YOCHIKOWOSUGI TACHIBANANO HOTSUEWOSUGURI KONOKAHANO SHITANIMONAGAKU NAGAKOKOROMATE
物を思わないで、道をずんずん歩いてゆくとき、青山を振り仰いでみると、ツツジが咲いている。匂わんばかりの少女のように。桜は盛りを迎えた乙女のように。そうした花々のようにきみは私に親しく寄っていると人はいう。むろん私の方もきみに寄っていると人はいう。きみはどう思っているの。(女性の返答)あなたのことを思っているからこそ私は八年もの間、おかっぱ髪の少女時代を過ごし、橘が上枝に実をつけるまで、じっと川底にいてあなたの心が動くのを待っていました。
左注 右五首
校異 [元][天][類]
用語 人麻呂歌集、非略体、異伝、恋情、女歌、歌垣
タイトルとURLをコピーしました