万葉集 第13巻 3323番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3323番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3323番歌

第13巻
歌番号 3323番歌
作者 作者不詳
題詞 譬喩歌
原文 師名立 都久麻左野方 息長之 遠智能小菅 不連尓 伊苅持来 不敷尓 伊苅持来而 置而 吾乎令偲 息長之 遠智能子菅
訓読 しなたつ 筑摩さのかた 息長の 越智の小菅 編まなくに い刈り持ち来 敷かなくに い刈り持ち来て 置きて 我れを偲はす 息長の 越智の小菅
かな しなたつ つくまさのかた おきながの をちのこすげ あまなくに いかりもちき しかなくに いかりもちきて おきて われをしのはす おきながの をちのこすげ
英語(ローマ字) SHINATATSU TSUKUMASANOKATA OKINAGANO WOCHINOKOSUGE AMANAKUNI IKARIMOCHIKI SHIKANAKUNI IKARIMOCHIKITE OKITE WAREWOSHINOHASU OKINAGANO WOCHINOKOSUGE
(米原)の筑摩の方面にある息長、その越智原に生える小菅を編みもしないのに刈り取ってきて、あるいは、敷きもしないのに刈り取ってきて、置いたままにしておく。私は恋い焦がれるのみ。その越智の小菅なのね、私は。
左注 右一首
校異
用語 ?、滋賀県、米原、女歌、民謡、歌垣
タイトルとURLをコピーしました