万葉集 第13巻 3346番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3346番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3346番歌

第13巻
歌番号 3346番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 欲見者 雲居所見 愛 十羽能松原 小子等 率和出将見 琴酒者 國丹放甞 別避者 宅仁離南 乾坤之 神志恨之 草枕 此羈之氣尓 妻應離哉
訓読 見欲しきは 雲居に見ゆる うるはしき 鳥羽の松原 童ども いざわ出で見む こと放けば 国に放けなむ こと放けば 家に放けなむ 天地の 神し恨めし 草枕 この旅の日に 妻放くべしや
かな みほしきは くもゐにみゆる うるはしき とばのまつばら わらはども いざわいでみむ ことさけば くににさけなむ ことさけば いへにさけなむ あめつちの かみしうらめし くさまくら このたびのけに つまさくべしや
英語(ローマ字) MIHOSHIKIHA KUMOゐNIMIYURU URUHASHIKI TOBANOMATSUBARA WARAHADOMO IZAWAIDEMIMU KOTOSAKEBA KUNINISAKENAMU KOTOSAKEBA IHENISAKENAMU AMETSUCHINO KAMISHIURAMESHI KUSAMAKURA KONOTABINOKENI TSUMASAKUBESHIYA
逢いたいのは、彼方の雲のあたりに見える 愛しいふるさと、鳥羽の松原と我が子たち。さあ、外に出てきておくれ子供たち。どうせ別れる(引き裂かれる)なら国元で、どうせ別れる(引き裂かれる)なら家元で別れたかった。天地の神様が恨めしい。よりによって草枕、この旅の身にあって、妻を引き裂くなんて。
左注 (右二首)
校異
用語 ?、羈旅、行旅死
タイトルとURLをコピーしました