万葉集 第13巻 3345番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3345番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3345番歌

第13巻
歌番号 3345番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 葦邊徃 鴈之翅乎 見別 <公>之佩具之 投箭之所思
訓読 葦辺行く雁の翼を見るごとに君が帯ばしし投矢し思ほゆ
かな あしへゆく かりのつばさを みるごとに きみがおばしし なげやしおもほゆ
英語(ローマ字) ASHIHEYUKU KARINOTSUBASAWO MIRUGOTONI KIMIGAOBASHISHI NAGEYASHIOMOHOYU
葦辺を飛んでいく雁の翼を見るたびにあなたが身につけていた投げ矢を思い出します。
左注 右二首 但或云 此短歌者<防>人之妻所作也 然則應知長歌亦此同作焉
校異 [元][天][類] / 防 [西(上書訂正)][元][天][紀]
用語 悲別、防人妻
タイトルとURLをコピーしました