万葉集 第13巻 3344番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3344番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3344番歌

第13巻
歌番号 3344番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 此月者 君将来跡 大舟之 思憑而 何時可登 吾待居者 黄葉之 過行跡 玉梓之 使之云者 螢成 髣髴聞而 大<土>乎 <火>穂跡<而 立>居而 去方毛不知 朝霧乃 思<或>而 杖不足 八尺乃嘆 々友 記乎無見跡 何所鹿 君之将座跡 天雲乃 行之随尓 所射完乃 行<文>将死跡 思友 道之不知者 獨居而 君尓戀尓 哭耳思所泣
訓読 この月は 君来まさむと 大船の 思ひ頼みて いつしかと 我が待ち居れば 黄葉の 過ぎてい行くと 玉梓の 使の言へば 蛍なす ほのかに聞きて 大地を ほのほと踏みて 立ちて居て ゆくへも知らず 朝霧の 思ひ迷ひて 杖足らず 八尺の嘆き 嘆けども 験をなみと いづくにか 君がまさむと 天雲の 行きのまにまに 射ゆ鹿猪の 行きも死なむと 思へども 道の知らねば ひとり居て 君に恋ふるに 哭のみし泣かゆ
かな このつきは きみきまさむと おほぶねの おもひたのみて いつしかと わがまちをれば もみちばの すぎていゆくと たまづさの つかひのいへば ほたるなす ほのかにききて おほつちを ほのほとふみて たちてゐて ゆくへもしらず あさぎりの おもひまとひて つゑたらず やさかのなげき なげけども しるしをなみと いづくにか きみがまさむと あまくもの ゆきのまにまに いゆししの ゆきもしなむと おもへども みちのしらねば ひとりゐて きみにこふるに ねのみしなかゆ
英語(ローマ字) KONOTSUKIHA KIMIKIMASAMUTO OHOBUNENO OMOHITANOMITE ITSUSHIKATO WAGAMACHIWOREBA MOMICHIBANO SUGITEIYUKUTO TAMADUSANO TSUKAHINOIHEBA HOTARUNASU HONOKANIKIKITE OHOTSUCHIWO HONOHOTOFUMITE TACHITEゐTE YUKUHEMOSHIRAZU ASAGIRINO OMOHIMATOHITE TSUゑTARAZU YASAKANONAGEKI NAGEKEDOMO SHIRUSHIWONAMITO IDUKUNIKA KIMIGAMASAMUTO AMAKUMONO YUKINOMANIMANI IYUSHISHINO YUKIMOSHINAMUTO OMOHEDOMO MICHINOSHIRANEBA HITORIゐTE KIMINIKOFURUNI NENOMISHINAKAYU
この月が来ればあの人がやってくるだろうと、大船のようにゆったり構え、いつ来るか、いつ来るかと私は待っていた。が、(この月も)黄葉が散っていく季節のように過ぎていき、たまづさの枝にはさんだあなたの手紙をもった使いが言うには、「お亡くなりになられたようです。」それを聞いて炎でも踏むような思いで大地を踏んで居ても立ってもいられません。あの人の行方も分からず、朝霧のように呆然となり、長く長く嘆けども、何の甲斐もありません。いづこかにあの人はおいでかと思い、天雲の流れるまま、あるいは手負いの鹿猪(しし)のように行き倒れになろうとも出かけようかと思った。けれど、全くあなたの行く先が見当もつかず、あなたを思って声をあげて泣くばかりです。
左注 (右二首)
校異 [天] / 太 火 [元][天][類] / 立而 而立 [元][天] / 惑 或 [元][天] / 父 文 [元][天][類]
用語 悲別、防人妻
タイトルとURLをコピーしました