万葉集 第13巻 3272番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3272番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3272番歌

第13巻
歌番号 3272番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 打延而 思之小野者 不遠 其里人之 標結等 聞手師日従 立良久乃 田付毛不知 居久乃 於久鴨不知 親<之> 己<之>家尚乎 草枕 客宿之如久 思空 不安物乎 嗟空 過之不得物乎 天雲之 行莫々 蘆垣乃 思乱而 乱麻乃 麻笥乎無登 吾戀流 千重乃一重母 人不令知 本名也戀牟 氣之緒尓為而
訓読 うちはへて 思ひし小野は 遠からぬ その里人の 標結ふと 聞きてし日より 立てらくの たづきも知らず 居らくの 奥処も知らず にきびにし 我が家すらを 草枕 旅寝のごとく 思ふそら 苦しきものを 嘆くそら 過ぐしえぬものを 天雲の ゆくらゆくらに 葦垣の 思ひ乱れて 乱れ麻の をけをなみと 我が恋ふる 千重の一重も 人知れず もとなや恋ひむ 息の緒にして
かな うちはへて おもひしをのは とほからぬ そのさとびとの しめゆふと ききてしひより たてらくの たづきもしらず をらくの おくかもしらず にきびにし わがいへすらを くさまくら たびねのごとく おもふそら くるしきものを なげくそら すぐしえぬものを あまくもの ゆくらゆくらに あしかきの おもひみだれて みだれをの をけをなみと あがこふる ちへのひとへも ひとしれず もとなやこひむ いきのをにして
英語(ローマ字) UCHIHAHETE OMOHISHIWONOHA TOHOKARANU SONOSATOBITONO SHIMEYUFUTO KIKITESHIHIYORI TATERAKUNO TADUKIMOSHIRAZU WORAKUNO OKUKAMOSHIRAZU NIKIBINISHI WAGAIHESURAWO KUSAMAKURA TABINENOGOTOKU OMOFUSORA KURUSHIKIMONOWO NAGEKUSORA SUGUSHIENUMONOWO AMAKUMONO YUKURAYUKURANI ASHIKAKINO OMOHIMIDARETE MIDAREWONO WOKEWONAMITO AGAKOFURU CHIHENOHITOHEMO HITOSHIREZU MOTONAYAKOHIMU IKINOWONISHITE
ずっと前から思っていた小野は、遠からぬ里人が標(しめ)を結んだと聞いた。そう聞いた日より私はどうしてよいか手段も浮かばず、お先真っ暗になり、居ても立ってもいられなくなった。住み慣れた我が家すら、草を枕の旅寝のごとく思われ、胸の内は苦しく、やり過ごすことが出来ない。ゆらゆら揺れる天雲のように、また葦(よし)垣のように思い乱れる日々。桶のない麻のように思い乱れ、この恋いごころも千に一つも彼女に知られることもなく、人しれずしきりに恋い焦がれるばかり、息も絶え絶えに。
左注 (右二首)
校異 [類] / <> 之 [元][天] / 麻笥 [元][天][類] 司
用語 枕詞
タイトルとURLをコピーしました