万葉集 第13巻 3239番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3239番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3239番歌

第13巻
歌番号 3239番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 近江之海 泊八十有 八十嶋之 嶋之埼邪伎 安利立有 花橘乎 末枝尓 毛知引懸 仲枝尓 伊加流我懸 下枝尓 <比>米乎懸 己之母乎 取久乎不知 己之父乎 取久乎思良尓 伊蘇婆比座与 伊可流我等<比>米登
訓読 近江の海 泊り八十あり 八十島の 島の崎々 あり立てる 花橘を ほつ枝に もち引き懸け 中つ枝に 斑鳩懸け 下枝に 比米を懸け 汝が母を 取らくを知らに 汝が父を 取らくを知らに いそばひ居るよ 斑鳩と比米と
かな あふみのうみ とまりやそあり やそしまの しまのさきざき ありたてる はなたちばなを ほつえに もちひきかけ なかつえに いかるがかけ しづえに ひめをかけ ながははを とらくをしらに ながちちを とらくをしらに いそばひをるよ いかるがとひめと
英語(ローマ字) AFUMINOUMI TOMARIYASOARI YASOSHIMANO SHIMANOSAKIZAKI ARITATERU HANATACHIBANAWO HOTSUENI MOCHIHIKIKAKE NAKATSUENI IKARUGAKAKE SHIDUENI HIMEWOKAKE NAGAHAHAWO TORAKUWOSHIRANI NAGACHICHIWO TORAKUWOSHIRANI ISOBAHIWORUYO IKARUGATOHIMETO
琵琶湖には数多くの舟着き場がある。その多くの舟着き場の岬には花橘が立っていて、枝先には鳥もちを引きかけ、中程の枝にはイカルの子(鳥かご)を引きかけ、下の枝にはシメの子を引きかけて親鳥の飛来を待つ。鳥の子たちはわが母や父が捕らえられるのも知らないで、戯れているよ。
左注 右一首
校異 [元][天][細] / 此 比 [元][天][細]
用語 琵琶湖、動物、童謡、風喩、風俗、民謡
タイトルとURLをコピーしました