万葉集 第13巻 3238番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3238番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3238番歌

第13巻
歌番号 3238番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 相坂乎 打出而見者 淡海之海 白木綿花尓 浪立渡
訓読 逢坂をうち出でて見れば近江の海白木綿花に波立ちわたる
かな あふさかを うちいでてみれば あふみのうみ しらゆふばなに なみたちわたる
英語(ローマ字) AFUSAKAWO UCHIIDETEMIREBA AFUMINOUMI SHIRAYUFUBANANI NAMITACHIWATARU
逢坂を通り過ぎんとして見下ろすと、琵琶湖が白木綿花のように真っ白に波立っていた。
左注 右三首
校異
用語 琵琶湖、地名、羈旅、土地讃美、叙景
タイトルとURLをコピーしました