万葉集 第13巻 3247番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3247番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3247番歌

第13巻
歌番号 3247番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 沼名河之 底奈流玉 求而 得之玉可毛 拾而 得之玉可毛 安多良思吉 君之 老落惜毛
訓読 沼名川の 底なる玉 求めて 得し玉かも 拾ひて 得し玉かも あたらしき 君が 老ゆらく惜しも
かな ぬながはの そこなるたま もとめて えしたまかも ひりひて えしたまかも あたらしき きみが おゆらくをしも
英語(ローマ字) NUNAGAHANO SOKONARUTAMA MOTOMETE ESHITAMAKAMO HIRIHITE ESHITAMAKAMO ATARASHIKI KIMIGA OYURAKUWOSHIMO
沼名(ぬな)川の川底に沈める玉なる君。求めてやっと得た玉、拾って偶然得た玉。その貴重な新たな玉も老いてゆくのかと思うと惜しい。
左注 右一首
校異
用語 姫川、序詞、寿歌、老
タイトルとURLをコピーしました