万葉集 第13巻 3248番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3248番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3248番歌

第13巻
歌番号 3248番歌
作者 作者不詳
題詞 相聞
原文 式嶋之 山跡之土丹 人多 満而雖有 藤浪乃 思纒 若草乃 思就西 君<目>二 戀八将明 長此夜乎
訓読 磯城島の 大和の国に 人さはに 満ちてあれども 藤波の 思ひまつはり 若草の 思ひつきにし 君が目に 恋ひや明かさむ 長きこの夜を
かな しきしまの やまとのくにに ひとさはに みちてあれども ふぢなみの おもひまつはり わかくさの おもひつきにし きみがめに こひやあかさむ ながきこのよを
英語(ローマ字) SHIKISHIMANO YAMATONOKUNINI HITOSAHANI MICHITEAREDOMO FUDINAMINO OMOHIMATSUHARI WAKAKUSANO OMOHITSUKINISHI KIMIGAMENI KOHIYAAKASAMU NAGAKIKONOYOWO
磯城島(しきしま)の大和の国に人は多く満ちているけれど、藤波のようにまつわりつき、若草のように思いが兆したあの方に逢えないものかと恋い焦がれ、この長い夜を明かさんとしています。
左注 (右二首)
校異 [元][類]
用語 日本、嘆息、恋情
タイトルとURLをコピーしました