万葉集 第13巻 3231番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3231番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3231番歌

第13巻
歌番号 3231番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 月日 攝友 久經流 三諸之山 礪津宮地
訓読 月は日は変らひぬとも久に経る三諸の山の離宮ところ
かな つきひは かはらひぬとも ひさにふる みもろのやまの とつみやところ
英語(ローマ字) TSUKIHIHA KAHARAHINUTOMO HISANIFURU MIMORONOYAMANO TOTSUMIYATOKORO
月日は経って変わっていっても、長く変わらない三諸の山を拝むここは離宮。
左注 右二首 但或本歌曰 故王都跡津宮地也
校異
用語 ?、奈良、聖武天皇、宮廷讃美、寿歌

第13巻 3231S1番歌(異伝歌1)

題詞 (反歌)右二首 但或本歌曰
原文 故王都跡津宮地
訓読 古き都の離宮ところ
かな ふるきみやこの とつみやところ
英語(ローマ字) FURUKIMIYAKONO TOTSUMIYATOKORO
古き都の行宮のところ。
左注
校異
用語 宮廷讃美、聖武天皇、寿歌
タイトルとURLをコピーしました