万葉集 第13巻 3314番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3314番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3314番歌

第13巻
歌番号 3314番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 次嶺經 山背道乎 人都末乃 馬従行尓 己夫之 歩従行者 毎見 哭耳之所泣 曽許思尓 心之痛之 垂乳根乃 母之形見跡 吾持有 真十見鏡尓 蜻領巾 負並持而 馬替吾背
訓読 つぎねふ 山背道を 人夫の 馬より行くに 己夫し 徒歩より行けば 見るごとに 音のみし泣かゆ そこ思ふに 心し痛し たらちねの 母が形見と 我が持てる まそみ鏡に 蜻蛉領巾 負ひ並め持ちて 馬買へ我が背
かな つぎねふ やましろぢを ひとづまの うまよりゆくに おのづまし かちよりゆけば みるごとに ねのみしなかゆ そこおもふに こころしいたし たらちねの ははがかたみと わがもてる まそみかがみに あきづひれ おひなめもちて うまかへわがせ
英語(ローマ字) TSUGINEFU YAMASHIRODIWO HITODUMANO UMAYORIYUKUNI ONODUMASHI KACHIYORIYUKEBA MIRUGOTONI NENOMISHINAKAYU SOKOOMOFUNI KOKOROSHIITASHI TARACHINENO HAHAGAKATAMITO WAGAMOTERU MASOMIKAGAMINI AKIDUHIRE OHINAMEMOCHITE UMAKAHEWAGASE
峰を越えて山背(京都)の道をほかの夫は馬で行くのに、わが夫は歩いていく。それを見るに付け、泣けてくる。そう思うと心が痛む。死んだ母の形見に私が持っている立派な鏡と蜻蛉領巾(あきづひれ)を持って行って、馬を買いなさいな。あなた。
左注 (右四首)
校異
用語 動物、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました