万葉集 第13巻 3313番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3313番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3313番歌

第13巻
歌番号 3313番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 川瀬之 石迹渡 野干玉之 黒馬之来夜者 常二有沼鴨
訓読 川の瀬の石踏み渡りぬばたまの黒馬来る夜は常にあらぬかも
かな かはのせの いしふみわたり ぬばたまの くろまくるよは つねにあらぬかも
英語(ローマ字) KAHANOSENO ISHIFUMIWATARI NUBATAMANO KUROMAKURUYOHA TSUNENIARANUKAMO
川の瀬の石を踏んで渡ってくるあなたが黒馬でやって来る夜が毎晩であってほしい。
左注 右四首
校異
用語 恋情、妻問い
タイトルとURLをコピーしました