万葉集 第13巻 3326番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3326番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3326番歌

第13巻
歌番号 3326番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 礒城嶋之 日本國尓 何方 御念食可 津礼毛無 城上宮尓 大殿乎 都可倍奉而 殿隠 々座者 朝者 召而使 夕者 召而使 遣之 舎人之子等者 行鳥之 群而待 有雖待 不召賜者 劔刀 磨之心乎 天雲尓 念散之 展轉 土打哭杼母 飽不足可聞
訓読 礒城島の 大和の国に いかさまに 思ほしめせか つれもなき 城上の宮に 大殿を 仕へまつりて 殿隠り 隠りいませば 朝には 召して使ひ 夕には 召して使ひ 使はしし 舎人の子らは 行く鳥の 群がりて待ち あり待てど 召したまはねば 剣大刀 磨ぎし心を 天雲に 思ひはぶらし 臥いまろび ひづち哭けども 飽き足らぬかも
かな しきしまの やまとのくにに いかさまに おもほしめせか つれもなき きのへのみやに おほとのを つかへまつりて とのごもり こもりいませば あしたには めしてつかひ ゆふへには めしてつかひ つかはしし とねりのこらは ゆくとりの むらがりてまち ありまてど めしたまはねば つるぎたち とぎしこころを あまくもに おもひはぶらし こいまろび ひづちなけども あきだらぬかも
英語(ローマ字) SHIKISHIMANO YAMATONOKUNINI IKASAMANI OMOHOSHIMESEKA TSUREMONAKI KINOHENOMIYANI OHOTONOWO TSUKAHEMATSURITE TONOGOMORI KOMORIIMASEBA ASHITANIHA MESHITETSUKAHI YUFUHENIHA MESHITETSUKAHI TSUKAHASHISHI TONERINOKORAHA YUKUTORINO MURAGARITEMACHI ARIMATEDO MESHITAMAHANEBA TSURUGITACHI TOGISHIKOKOROWO AMAKUMONI OMOHIHABURASHI KOIMAROBI HIDUCHINAKEDOMO AKIDARANUKAMO
礒城島(しきしま)の大和の国から、どう思われたのか、あの不便な城上の宮に御殿(もがりの宮)を作られて殿下はお隠れになり、そこにいらっしゃる。朝には召されて用を仰せになり、夕べになるとやはり召されて用を仰せになるものと待ちかまえる舎人(とねり)(お付き人)たちは飛ぶ鳥が群がるように群がって待ちかまえ、ずっとお待ち申しているのですが、一向にお召しにならない。心をとぎすましているのに、思いは天雲のように放心状態となり、ころがりもだえ、涙に濡れて泣き叫ぶけれども、それでも王が亡くなられたのはあきらめきれない。
左注 右一首
校異
用語 ?、奈良、皇子挽歌、枕詞
タイトルとURLをコピーしました