万葉集 第13巻 3325番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3325番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3325番歌

第13巻
歌番号 3325番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 角障經 石村山丹 白栲 懸有雲者 皇可聞
訓読 つのさはふ磐余の山に白栲にかかれる雲は大君にかも
かな つのさはふ いはれのやまに しろたへに かかれるくもは おほきみにかも
英語(ローマ字) TSUNOSAHAFU IHARENOYAMANI SHIROTAHENI KAKARERUKUMOHA OHOKIMINIKAMO
磐余(いはれ)の山に真っ白にかかっている雲はわが大君(皇子)なのであろうか。
左注 右二首
校異
用語 奈良、枕詞、皇子挽歌
タイトルとURLをコピーしました