万葉集 第13巻 3347番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3347番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3347番歌

第13巻
歌番号 3347番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 草枕 此羈之氣尓 妻<放> 家道思 生為便無
訓読 草枕この旅の日に妻離り家道思ふに生けるすべなし
かな くさまくら このたびのけに つまさかり いへぢおもふに いけるすべなし
英語(ローマ字) KUSAMAKURA KONOTABINOKENI TSUMASAKARI IHEDIOMOFUNI IKERUSUBENASHI
草枕この旅の身にあって妻が亡くなったという知らせを受けた。家路を急ぎながら思うに生きた心地がしない。
左注 或本歌曰 羈之氣二為而 / 右二首
校異 [元][天][類]
用語 ?、羈旅、行旅死

第13巻 3347S1番歌(異伝歌1)

題詞 或本歌曰
原文 羈之氣二為而
訓読 旅の日にして
かな たびのけにして
英語(ローマ字) TABINOKENISHITE
旅の日だから。
左注 右二首
校異
用語 行旅死
タイトルとURLをコピーしました