万葉集 第13巻 3224番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3224番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3224番歌

第13巻
歌番号 3224番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 獨耳 見者戀染 神名火乃 山黄葉 手折来君
訓読 ひとりのみ見れば恋しみ神なびの山の黄葉手折り来り君
かな ひとりのみ みればこほしみ かむなびの やまのもみちば たをりけりきみ
英語(ローマ字) HITORINOMI MIREBAKOHOSHIMI KAMUNABINO YAMANOMOMICHIBA TAWORIKERIKIMI
私一人だけで眺めるのは惜しいので、神聖な山の黄葉を手折ってやってきました。あなたと二人眺めようと。
左注 右二首
校異
用語 宴席、三輪山、地名
タイトルとURLをコピーしました