万葉集 第13巻 3304番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3304番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3304番歌

第13巻
歌番号 3304番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 不聞而 黙然有益乎 何如文 <公>之正香乎 人之告鶴
訓読 聞かずして黙もあらましを何しかも君が直香を人の告げつる
かな きかずして もだもあらましを なにしかも きみがただかを ひとのつげつる
英語(ローマ字) KIKAZUSHITE MODAMOARAMASHIWO NANISHIKAMO KIMIGATADAKAWO HITONOTSUGETSURU
聞かせないで黙っていてほしかった。どうしてあの人の消息や様子を里人は知らせたのかしら。
左注 右二首
校異 [元][天][紀]
用語 挽歌
タイトルとURLをコピーしました