万葉集 第13巻 3303番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3303番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3303番歌

第13巻
歌番号 3303番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 里人之 吾丹告樂 <汝>戀 愛妻者 黄葉之 散乱有 神名火之 此山邊柄 [或本云 彼山邊] 烏玉之 黒馬尓乗而 河瀬乎 七湍渡而 裏觸而 妻者會登 人曽告鶴
訓読 里人の 我れに告ぐらく 汝が恋ふる うつくし夫は 黄葉の 散り乱ひたる 神なびの この山辺から [或本云 その山辺] ぬばたまの 黒馬に乗りて 川の瀬を 七瀬渡りて うらぶれて 夫は逢ひきと 人ぞ告げつる
かな さとびとの あれにつぐらく ながこふる うつくしづまは もみちばの ちりまがひたる かむなびの このやまへから [そのやまへ] ぬばたまの くろまにのりて かはのせを ななせわたりて うらぶれて つまはあひきと ひとぞつげつる
英語(ローマ字) SATOBITONO ARENITSUGURAKU NAGAKOFURU UTSUKUSHIDUMAHA MOMICHIBANO CHIRIMAGAHITARU KAMUNABINO KONOYAMAHEKARA [SONOYAMAHE] NUBATAMANO KUROMANINORITE KAHANOSEWO NANASEWATARITE URABURETE TSUMAHAAHIKITO HITOZOTSUGETSURU
里人が私に告げて言うには、あなたが恋うる愛しい人は、黄葉が散り乱れる、神のいらっしゃる山辺から(或本にいう、その山辺)から真っ黒な黒馬に乗って、(曲がりくねった)川の瀬を幾度も渡り、疲れ果ててあなたに逢いにきましたよと、その人は私にいいました。
左注 (右二首)
校異 硺機?][元][天][類]
用語 恋情、枕詞
タイトルとURLをコピーしました