万葉集 第13巻 3225番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3225番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3225番歌

第13巻
歌番号 3225番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 天雲之 影<塞>所見 隠来<矣> 長谷之河者 浦無蚊 船之依不来 礒無蚊 海部之釣不為 吉咲八師 浦者無友 吉畫矢寺 礒者無友 奥津浪 諍榜入来 白水郎之釣船
訓読 天雲の 影さへ見ゆる こもりくの 泊瀬の川は 浦なみか 舟の寄り来ぬ 礒なみか 海人の釣せぬ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし 礒はなくとも 沖つ波 競ひ漕入り来 海人の釣舟
かな あまくもの かげさへみゆる こもりくの はつせのかはは うらなみか ふねのよりこぬ いそなみか あまのつりせぬ よしゑやし うらはなくとも よしゑやし いそはなくとも おきつなみ きほひこぎりこ あまのつりぶね
英語(ローマ字) AMAKUMONO KAGESAHEMIYURU KOMORIKUNO HATSUSENOKAHAHA URANAMIKA FUNENOYORIKONU ISONAMIKA AMANOTSURISENU YOSHIゑYASHI URAHANAKUTOMO YOSHIゑYASHI ISOHANAKUTOMO OKITSUNAMI KIHOHIKOGIRIKO AMANOTSURIBUNE
そらの雲が川面にくっきり写って見えるほど澄んだ泊瀬川。(海のように)浦がないせいか舟が寄ってこない。また磯がないせいか釣りをする海人(あまびと)もいない。が、たとえ浦はなくとも、磯はなくとも沖の波に乗って、こぞって漕ぎ入れてきてほしい。 海人の釣舟さんよ。
左注 (右二首)
校異 [元][天] / 笑 矣 [西(訂正)][元][天][類] / 諍 [古][類][天] 淨
用語 桜井、奈良、寿歌、土地讃美
タイトルとURLをコピーしました