万葉集 第13巻 3267番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3267番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3267番歌

第13巻
歌番号 3267番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 明日香河 瀬湍之珠藻之 打靡 情者妹尓 <因>来鴨
訓読 明日香川瀬々の玉藻のうち靡き心は妹に寄りにけるかも
かな あすかがは せぜのたまもの うちなびき こころはいもに よりにけるかも
英語(ローマ字) ASUKAGAHA SEZENOTAMAMONO UCHINABIKI KOKOROHAIMONI YORINIKERUKAMO
明日香川の瀬々に生える玉藻がうち靡くように、わが心は彼女にすっかり靡いてしまった。
左注 右二首
校異 [天][類][紀]
用語 ?、奈良、恋情、序詞
タイトルとURLをコピーしました