万葉集 第13巻 3268番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3268番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3268番歌

第13巻
歌番号 3268番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 三諸之 神奈備山従 登能陰 雨者落来奴 雨霧相 風左倍吹奴 大口乃 真神之原従 思管 還尓之人 家尓到伎也
訓読 みもろの 神奈備山ゆ との曇り 雨は降り来ぬ 天霧らひ 風さへ吹きぬ 大口の 真神の原ゆ 思ひつつ 帰りにし人 家に至りきや
かな みもろの かむなびやまゆ とのぐもり あめはふりきぬ あまぎらひ かぜさへふきぬ おほくちの まかみのはらゆ おもひつつ かへりにしひと いへにいたりきや
英語(ローマ字) MIMORONO KAMUNABIYAMAYU TONOGUMORI AMEHAFURIKINU AMAGIRAHI KAZESAHEFUKINU OHOKUCHINO MAKAMINOHARAYU OMOHITSUTSU KAHERINISHIHITO IHENIITARIKIYA
三諸の神の山から一面にかき曇り、雨さへ降り出した。空は霧状になり風も吹き出した。真神の原から私のことを思いつつ帰っていった人は、今頃家に着いたのかしら。
左注 (右二首)
校異
用語 明日香、奈良、女歌
タイトルとURLをコピーしました