万葉集 第13巻 3223番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3223番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3223番歌

第13巻
歌番号 3223番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 霹靂之 日香天之 九月乃 <鍾>礼乃落者 鴈音文 未来鳴 甘南備乃 清三田屋乃 垣津田乃 池之堤<之> 百不足 <五十>槻枝丹 水枝指 秋赤葉 真割持 小鈴<文>由良尓 手弱女尓 吾者有友 引攀而 峯文十遠仁 に手折 吾者持而徃 公之頭刺荷
訓読 かむとけの 日香空の 九月の しぐれの降れば 雁がねも いまだ来鳴かぬ 神なびの 清き御田屋の 垣つ田の 池の堤の 百足らず 斎槻の枝に 瑞枝さす 秋の黄葉 まき持てる 小鈴もゆらに 手弱女に 我れはあれども 引き攀ぢて 枝もとををに ふさ手折り 我は持ちて行く 君がかざしに
かな かむとけの **そらの ながつきの しぐれのふれば かりがねも いまだきなかぬ かむなびの きよきみたやの かきつたの いけのつつみの ももたらず いつきのえだに みづえさす あきのもみちば まきもてる をすずもゆらに たわやめに われはあれども ひきよぢて えだもとををに ふさたをり わはもちてゆく きみがかざしに
英語(ローマ字) KAMUTOKENO **SORANO NAGATSUKINO SHIGURENOFUREBA KARIGANEMO IMADAKINAKANU KAMUNABINO KIYOKIMITAYANO KAKITSUTANO IKENOTSUTSUMINO MOMOTARAZU ITSUKINOEDANI MIDUESASU AKINOMOMICHIBA MAKIMOTERU WOSUZUMOYURANI TAWAYAMENI WAREHAAREDOMO HIKIYODITE EDAMOTOWOWONI FUSATAWORI WAHAMOCHITEYUKU KIMIGAKAZASHINI
落雷の閃光が走る9月の空にしぐれが降る。時期早く、まだ雁がやって来て鳴かない、その山の清らかな御田。境内のその御田の池の堤に生いる斎槻(いつき)の枝が瑞々しい。秋の黄葉を腕に巻いて付けた小鈴が揺れている。そんな手弱女(たをやめ)に過ぎない私であるが、ケヤキの枝をひきちぎって手一杯持ち、あの方の所にいきます。あの方の髪飾りにするために。
左注 (右二首)
校異 [天][類][紀] / <> 之 [西(左書)][元][天][類] / く 五十 [万葉考] / 父 文 [元][天][紀]
用語 神祭り、寿歌、秋、植物、宴席、三輪山、地名
タイトルとURLをコピーしました