万葉集 第13巻 3255番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3255番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3255番歌

第13巻
歌番号 3255番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 従古 言續来口 戀為者 不安物登 玉緒之 継而者雖云 處女等之 心乎胡粉 其将知 因之無者 夏麻引 命<方>貯 借薦之 心文小竹荷 人不知 本名曽戀流 氣之緒丹四天
訓読 古ゆ 言ひ継ぎけらく 恋すれば 苦しきものと 玉の緒の 継ぎては言へど 娘子らが 心を知らに そを知らむ よしのなければ 夏麻引く 命かたまけ 刈り薦の 心もしのに 人知れず もとなぞ恋ふる 息の緒にして
かな いにしへゆ いひつぎけらく こひすれば くるしきものと たまのをの つぎてはいへど をとめらが こころをしらに そをしらむ よしのなければ なつそびく いのちかたまけ かりこもの こころもしのに ひとしれず もとなぞこふる いきのをにして
英語(ローマ字) INISHIHEYU IHITSUGIKERAKU KOHISUREBA KURUSHIKIMONOTO TAMANOWONO TSUGITEHAIHEDO WOTOMERAGA KOKOROWOSHIRANI SOWOSHIRAMU YOSHINONAKEREBA NATSUSOBIKU INOCHIKATAMAKE KARIKOMONO KOKOROMOSHINONI HITOSHIREZU MOTONAZOKOFURU IKINOWONISHITE
ずっと大昔から言い継がれてきた、恋をすると苦しいと・・・。玉の緒のように継ぎ継ぎ語り継がれてきた。けれど、彼女の本当の心が分からないのに恋を知るてだてがない。命を傾けて乱れる心も心細く、人知れず心もとなく息も絶え絶え。
左注 (右三首)
校異 [元][天]
用語
タイトルとURLをコピーしました