万葉集 第13巻 3315番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3315番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3315番歌

第13巻
歌番号 3315番歌
作者 作者不詳
題詞 反歌
原文 泉<川> 渡瀬深見 吾世古我 旅行衣 蒙沾鴨
訓読 泉川渡り瀬深み我が背子が旅行き衣ひづちなむかも
かな いづみがは わたりぜふかみ わがせこが たびゆきごろも ひづちなむかも
英語(ローマ字) IDUMIGAHA WATARIZEFUKAMI WAGASEKOGA TABIYUKIGOROMO HIDUCHINAMUKAMO
泉川の渡り瀬は深いので、あの人がしている旅装の着物では濡れてしまうだろうな。
左注 (右四首)
校異 [元][天][類]
用語 木津川、女歌、恋愛
タイトルとURLをコピーしました