万葉集 第13巻 3286番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3286番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3286番歌

第13巻
歌番号 3286番歌
作者 作者不詳
題詞 或本歌曰
原文 玉手<次> 不懸時無 吾念有 君尓依者 倭<文>幣乎 手取持而 竹珠S 之自二貫垂 天地之 神S曽吾乞 痛毛須部奈見
訓読 玉たすき 懸けぬ時なく 我が思へる 君によりては しつ幣を 手に取り持ちて 竹玉を 繁に貫き垂れ 天地の 神をぞ我が祷む いたもすべなみ
かな たまたすき かけぬときなく あがおもへる きみによりては しつぬさを てにとりもちて たかたまを しじにぬきたれ あめつちの かみをぞわがのむ いたもすべなみ
英語(ローマ字) TAMATASUKI KAKENUTOKINAKU AGAOMOHERU KIMINIYORITEHA SHITSUNUSAWO TENITORIMOCHITE TAKATAMAWO SHIJININUKITARE AMETSUCHINO KAMIWOZOWAGANOMU ITAMOSUBENAMI
たすきを掛けるようにあなたのことが気に懸からぬ時はなく、我が慕うあなたに関して、しつ(倭文)織りの布を両手に捧げ持ち、竹玉(たかたま)をびっしり貫いて天地の神々に我が思いが届くようお祈りします。どうしようもなくて。
左注 (右五首)
校異 [元][天][温] / 父 文 [元]
用語 神祭り
タイトルとURLをコピーしました