万葉集 第13巻 3335番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3335番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3335番歌

第13巻
歌番号3335番歌
作者作者不詳
題詞
原文玉桙之 道去人者 足桧木之 山行野徃 直海 川徃渡 不知魚取 海道荷出而 惶八 神之渡者 吹風母 和者不吹 立浪母 踈不立 跡座浪之 塞道麻 誰心 勞跡鴨 直渡異六 <直渡異六>
訓読玉桙の 道行く人は あしひきの 山行き野行き にはたづみ 川行き渡り 鯨魚取り 海道に出でて 畏きや 神の渡りは 吹く風も のどには吹かず 立つ波も おほには立たず とゐ波の 塞ふる道を 誰が心 いたはしとかも 直渡りけむ 直渡りけむ
かなたまほこの みちゆくひとは あしひきの やまゆきのゆき にはたづみ かはゆきわたり いさなとり うみぢにいでて かしこきや かみのわたりは ふくかぜも のどにはふかず たつなみも おほにはたたず とゐなみの ささふるみちを たがこころ いたはしとかも ただわたりけむ ただわたりけむ
英語(ローマ字)TAMAHOKONO MICHIYUKUHITOHA ASHIHIKINO YAMAYUKINOYUKI NIHATADUMI KAHAYUKIWATARI ISANATORI UMIDINIIDETE KASHIKOKIYA KAMINOWATARIHA FUKUKAZEMO NODONIHAFUKAZU TATSUNAMIMO OHONIHATATAZU TOゐNAMINO SASAFURUMICHIWO TAGAKOKORO ITAHASHITOKAMO TADAWATARIKEMU TADAWATARIKEMU
道を行く人は、山を越え、野を渡り、川を渡り、海の道に出て、恐れ多くも神の渡りを敢行する。吹く風ものどかには吹いてくれず、立つ波も普通に立つ波ではなく、うねり立つ波に遮られる艱難辛苦の道のりである。にもかかわらず、誰の心を思って、ここまでまっすぐ渡ってやってきたのだろう、まっすぐ渡ってやってきたのだろう。
左注(右九首)
校異立塞 / <> 直渡異六 [元][類]
用語狄?、鎮魂
タイトルとURLをコピーしました