万葉集 第13巻 3230番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3230番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3230番歌

第13巻
歌番号 3230番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 帛S 楢従出而 水蓼 穂積至 鳥網張 坂手乎過 石走 甘南備山丹 朝宮 仕奉而 吉野部登 入座見者 古所念
訓読 みてぐらを 奈良より出でて 水蓼 穂積に至り 鳥網張る 坂手を過ぎ 石走る 神なび山に 朝宮に 仕へ奉りて 吉野へと 入ります見れば いにしへ思ほゆ
かな みてぐらを ならよりいでて みづたで ほづみにいたり となみはる さかてをすぎ いはばしる かむなびやまに あさみやに つかへまつりて よしのへと いりますみれば いにしへおもほゆ
英語(ローマ字) MITEGURAWO NARAYORIIDETE MIDUTADE HODUMINIITARI TONAMIHARU SAKATEWOSUGI IHABASHIRU KAMUNABIYAMANI ASAMIYANI TSUKAHEMATSURITE YOSHINOHETO IRIMASUMIREBA INISHIHEOMOHOYU
幣巾(へいはく)を手向けて神聖な奈良の都を出発し、水蓼(みづたで)草の生い茂る穂積(ほづみ)に至り、鳥網を張るので有名な坂手を過ぎ、激しい明日香川の流れる三諸の山を遙拝する離宮(朝宮)で仕えまつり、吉野へとお入りになるのを見ると、昔がしのばれる。
左注 (右二首)
校異
用語 ?、地名、明日香、吉野、奈良、聖武天皇
タイトルとURLをコピーしました