万葉集 第13巻 3342番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3342番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3342番歌

第13巻
歌番号 3342番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 <b>潭 偃為<公>矣 今日々々跡 将来跡将待 妻之可奈思母
訓読 浦ぶちにこやせる君を今日今日と来むと待つらむ妻し悲しも
かな うらぶちに こやせるきみを けふけふと こむとまつらむ つましかなしも
英語(ローマ字) URABUCHINI KOYASERUKIMIWO KEFUKEFUTO KOMUTOMATSURAMU TSUMASHIKANASHIMO
入江の岸に横たわるお人よ。今か今かと帰りを待っているだろう妻のことを察すると悲しい。
左注 (右九首)
校異 [元][紀] / 君 公 [元][天][類]
用語 炭?、或本歌、異伝、羈旅、調使首
タイトルとURLをコピーしました