万葉集 第13巻 3281番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3281番歌はこちらにまとめました。

スポンサーリンク

第13巻 3281番歌

第13巻
歌番号 3281番歌
作者 作者不詳
題詞 或本歌曰
原文 吾背子者 待跡不来 鴈音<文> 動而寒 烏玉乃 宵文深去来 左夜深跡 阿下乃吹者 立待尓 吾衣袖尓 置霜<文> 氷丹左叡渡 落雪母 凍渡奴 今更 君来目八 左奈葛 後<文>将會常 大舟乃 思憑迹 現庭 君者不相 夢谷 相所見欲 天之足夜尓
訓読 我が背子は 待てど来まさず 雁が音も 響みて寒し ぬばたまの 夜も更けにけり さ夜更くと あらしの更けば 立ち待つに 我が衣手に 置く霜も 氷にさえわたり 降る雪も 凍りわたりぬ 今さらに 君来まさめや さな葛 後も逢はむと 大船の 思ひ頼めど うつつには 君には逢はず 夢にだに 逢ふと見えこそ 天の足り夜に
かな わがせこは まてどきまさず かりがねも とよみてさむし ぬばたまの よもふけにけり さよふくと あらしのふけば たちまつに わがころもでに おくしもも ひにさえわたり ふるゆきも こほりわたりぬ いまさらに きみきまさめや さなかづら のちもあはむと おほぶねの おもひたのめど うつつには きみにはあはず いめにだに あふとみえこそ あめのたりよに
英語(ローマ字) WAGASEKOHA MATEDOKIMASAZU KARIGANEMO TOYOMITESAMUSHI NUBATAMANO YOMOFUKENIKERI SAYOFUKUTO ARASHINOFUKEBA TACHIMATSUNI WAGAKOROMODENI OKUSHIMOMO HINISAEWATARI FURUYUKIMO KOHORIWATARINU IMASARANI KIMIKIMASAMEYA SANAKADURA NOCHIMOAHAMUTO OHOBUNENO OMOHITANOMEDO UTSUTSUNIHA KIMINIHAAHAZU IMENIDANI AFUTOMIEKOSO AMENOTARIYONI
あの人は待っても待っても来てくださらない。雁の鳴き声が響いてきて寒い。夜も更けてきた。次第に更けて嵐も吹いてきた。外に出て立って待っている私の着物の袖に置く霜も氷つき、降る雪も凍てついてきた。今となってはもうあの人は来て下さらないだろう。さな葛のつるのように長く伸びて後には逢えるだろうと大船に乗った気持で自分の心を落ち着かせた。現実にはあの方には逢えないでしょう。せめて夢の中に出てきて逢って下さい。満ち足りた夜にするために。
左注 (右四首)
校異 [天][類][紀] / 父 文 [西(訂正)][天][紀][温] / 父 文 [西(訂正)][元][天][類]
用語 恋情、女歌
タイトルとURLをコピーしました