万葉集 第13巻 3333番歌/作者・原文・時代・歌・訳

第13巻3333番歌はこちらにまとめました。

第13巻 3333番歌

第13巻
歌番号 3333番歌
作者 作者不詳
題詞
原文 王之 御命恐 秋津嶋 倭雄過而 大伴之 御津之濱邊従 大舟尓 真梶繁貫 旦名伎尓 水<手>之音為乍 夕名寸尓 梶音為乍 行師君 何時来座登 <大>卜置而 齊度尓 <狂>言哉 人之言釣 我心 盡之山之 黄葉之 散過去常 公之正香乎
訓読 大君の 命畏み 蜻蛉島 大和を過ぎて 大伴の 御津の浜辺ゆ 大船に 真楫しじ貫き 朝なぎに 水手の声しつつ 夕なぎに 楫の音しつつ 行きし君 いつ来まさむと 占置きて 斎ひわたるに たはことか 人の言ひつる 我が心 筑紫の山の 黄葉の 散りて過ぎぬと 君が直香を
かな おほきみの みことかしこみ あきづしま やまとをすぎて おほともの みつのはまへゆ おほぶねに まかぢしじぬき あさなぎに かこのこゑしつつ ゆふなぎに かぢのおとしつつ ゆきしきみ いつきまさむと うらおきて いはひわたるに たはことか ひとのいひつる あがこころ つくしのやまの もみちばの ちりてすぎぬと きみがただかを
英語(ローマ字) OHOKIMINO MIKOTOKASHIKOMI AKIDUSHIMA YAMATOWOSUGITE OHOTOMONO MITSUNOHAMAHEYU OHOBUNENI MAKADISHIJINUKI ASANAGINI KAKONOKOゑSHITSUTSU YUFUNAGINI KADINOOTOSHITSUTSU YUKISHIKIMI ITSUKIMASAMUTO URAOKITE IHAHIWATARUNI TAHAKOTOKA HITONOIHITSURU AGAKOKORO TSUKUSHINOYAMANO MOMICHIBANO CHIRITESUGINUTO KIMIGATADAKAWO
大君の仰せを慎んでお受けし、蜻蛉島(あきづしま)は大和を過ぎて、大伴氏ゆかりの御津の浜辺から船出せんとする。朝凪どきに大船に梶を揃えて穴に通す水手(かこ)の声が聞こえ、夕凪どきに梶の音が鳴り響いて出発したあの方。いつ戻っていらっしゃるのかと、占いを立てて神様にお祈りし続けるのに、悪い冗談か、人が伝えてあの方はお亡くなりになったと・・・。心を尽くすという筑紫の山の黄葉のように散っていかれたのか、あの姿あの方が。
左注 (右二首)
校異 大夕 大 [元][類] / 抂 狂 [天][温]
用語 奈良、大阪、福岡、羈旅、道行き、行旅死、枕詞
タイトルとURLをコピーしました