紀男梶が書いた万葉集

紀男梶が書いた万葉集についてまとめました。

スポンサーリンク

掲載数 全 1 首

歌番号本歌
第17巻3924番歌山の狭そことも見えず一昨日も昨日も今日も雪の降れれば
タイトルとURLをコピーしました